健康サポート

ものしり医療メモ

症状からわかること「お腹が痛い」

腹痛を起こす病気は、心因性のものからガンまで、さまざまです。激しい腹痛は重大な病気のサイン。すぐに病院に行きましょう。また、さほど痛くない腹痛でも、長く続くときは重大な病気が隠されていることがあるので、安易に痛み止めを飲んだりせずに、受診して原因をはっきりさせましょう。診察を受けるときは、事前に腹痛の起こる場所やいつから痛いか、どんな痛みか、また腹痛以外の症状などをチェックしておき、医師に伝えてください。

心配な腹痛

こんなときは一刻も早く病院へ

  • がまんできないような激しい腹痛が急に起こった
  • だんだん痛みが激しくなっていく
  • 顔面そう白、冷や汗など、全身状態が悪い

激しい腹痛を伴い、早急な処置が必要な病気

狭心症、心筋梗塞、胃・十二指腸潰瘍のせん孔(穴が開くこと)、急性虫垂炎、腸閉塞、急性すい炎、胆石の発作、女性の子宮外妊娠など

あまり心配のいらない腹痛

  • 便秘や腸の中にガスがたまることで起こる腹痛
  • 不安や緊張など、精神的ストレスによる腹痛など

腹痛の起こる場所別 考えられる主な病気と症状

右上腹部

  • 胆石症:激痛が周期的に起き、発熱を伴う。脂肪の多い食事をとると起こりやすい。

みぞおち周辺

  • 狭心症、心筋梗塞:胸がしめつけられるような発作を伴う
  • 急性(慢性)胃炎:程度により激痛から鈍痛まで、さまざま
  • 胃・十二指腸潰瘍:食後一定時間または空腹時に痛む。せん孔を起こすと激しく痛む。
  • 急性すい炎:激しい痛み、発熱、嘔吐

左上腹部

  • 急性すい炎、左腎結石:激しい痛み
  • 慢性すい炎:鈍い痛み

下腹部

  • 急性虫垂炎:上腹部の激しい痛みがしだいに右下腹部に移動する。発熱や吐き気を伴う
  • 急性(慢性)腸炎:鈍痛が続く。発熱、下痢を伴う
  • 尿管結石:激しい痛み
  • 膀胱炎、腎盂炎:痛みの程度はさまざま。腰痛、発熱も伴う
  • 膀胱結石:激しい痛み、発熱、悪寒、腰痛
  • 子宮外妊娠、卵巣のう腫、卵巣炎:激しい痛み

お腹全体

  • 腸閉塞:激しい痛み、吐き気、嘔吐
  • 急性腹膜炎:激しい痛み、嘔吐、冷や汗

痛い場所が一定しない

  • 過敏性大腸症候群:食後に強い腹痛。下痢と便秘を繰り返す

※上に挙げた以外にも、腹痛を起こす病気はあります。また、痛みの程度、場所などにも個人差があるので、自己判断をせずに病院で受診しましょう。

ページの先頭に戻る

 


季節の健康トピック

(2017年12月4日更新)
年末の多忙なとき、腰痛にご注意

くらしのヘルスケア

(2017年12月18日更新)
知っていますか?こんな処置「スキー場でのけが」

すこやかレシピ

(2017年11月27日更新)
サケとキャベツのワイン蒸し煮

院長メッセージ

フォトギャラリー

健康サポート

パークシティクリニック

〒212-0054
川崎市幸区小倉1-1
パークシティ新川崎クリニック棟217
電話:044-541-6161
Fax:044-541-0480

詳しい地図を見る

診療時間

午前 09:00〜13:00
午後 15:00〜18:00

休診日

日曜・祝日・土曜午後